【初心者向け】株の“超”基本について(著書紹介)

初心者向け
スポンサーリンク

今回は、株の超基本について。

私はほぼ独学で株式運用を行っているような、

典型的な「行動して(失敗して)学習するタイプ」ではあるが、

最低限の知識は事前に学習している。



例えば、「サッカーでは手を使ってはいけない」「ボクシングで蹴ってはいけない」といったように

最低限の知識(ルール)を把握していないと、そもそも土俵に上がることすら出来ない。

株も同じように、「市場とは?」「株の購入方法とは?」「そもそも株とは?笑」のような

知識は必要であろう。

つまり、事前学習は必須である!

、、、言いたいことは分かる。

「勉強めんどくさい!!」「どうやって勉強するか調べるのがダルい!!」ですよね?笑

私も勉強は大嫌いなので、同感です。

ただ、そんな私でも最低限の事を学ぶことができた著書を紹介する。

まず1つ目はコレ↓


この著書は文字だけでななくイラストも使いながら超基礎的な内容を学習することができる。

最低限の知識は揃うので、一通り読めば株式運用を難なく始めることができると思う。

次に2つ目はコレ↓


この著書は株の事というより、お金のこと全体についての基礎知識を学習することができる。

株式運用もあくまで資産運用の一つでしかないので、お金の全体像を掴んでいるとより理解が深まると思う。

以上です笑

たった2冊しか私は読んでいないが、これで十分(つーかこれが限界)。

あとは、実際に運用しながら学んでいくのがいいだろう。

少しでも株に興味を持った方の手助けになれば幸いである。

最後に、株は自己責任で!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました