【永久保存版】絶対に観るべき映画〜サスペンス編〜

著書紹介
スポンサーリンク

本日は土日なので映画の話でも。

この記事を読めば「サスペンス好きなら必ず観ておきたい映画」を抑えることが出来ます!

※今回はマニアックじゃなくて王道です笑



1. ユージュアル・サスペクツ(1995年)           

2. シャッターアイランド(2010年)

3. シックス・センス(1999年)

4. インセプション(2010年)

5. バタフライ・エフェクト(2004年)

6. ファイト・クラブ(1999年)

1.「ユージュアル・サスペクツ(1995年)」


まずは王道中の王道!

私の中では、サスペンス=この映画である。

回想を中心とした脚本は見事であるし、ラストの大どんでん返しで全ての感情を持っていかれる。

さすがアカデミー脚本賞を受賞しているだけはある。

何も言わずにとりあえず観てほしい笑

2.「シャッターアイランド」(2010年)


こちらは比較的新しい作品です。

これも終盤からの展開が秀逸です。

ラストの含みを持たせた終わらせ方も個人的には好き!

3.「シックス•センス」(1999年)


この作品が一番有名ですかね。

最近はありがちなオチですが、最初に考えたのがすごい。

まさにコロンブスの卵。



4.「インセプション」(2010年)


渡辺謙も出演していたことでお馴染みの作品。

オチもそうだが、ストーリー設定が素晴らしいの一言。

どこまでが夢か分からなくなってくる、、、

5.「バタフライ•エフェクト」(2004年)


タイムリープ系の中で最高傑作だと思う。

ここまで脚本を作り込める人の頭の中覗き込みたい笑

6.「ファイト•クラブ」(1999年)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファイト・クラブ【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/3/28時点)


一見サスペンスっぽくないが、サスペンス要素満載の名作。

日本にいたら絶対に思いつかない系の話ですね笑

以上、6作品でした。

どれも名作ですので是非お暇なときに観てみて下さい!

明日から株の記事に戻りまーす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました