株を始める際の資金はいくら必要?

初心者向け
スポンサーリンク

今回は株を始める時の初期投資資金について。

「貯金ないのに投資なんて」「100万とか必要じゃないの?」

と、まだ始めていない方は不安に思うこともあるだろう。



私は最低30万を用意することをお勧めする。

というのも、1万円からでも株式購入することは可能であるが、

購入できる株が非常に安いもの限られてくる。

安い株というのは、機関投資家(投資信託や保険会社など)の手によって

「仕手株」になる事が多い。

「仕手株」とは値段の動きが激しい株である。

「値段の動きが激しい、、、儲けそうじゃね?笑」と思われる方もいるかもしれないが、

これがなかなか難しい。

正直からあげも仕手株の波に乗れるのは3割程度なので初心者にはお勧めしない。

30万用意することが出来れば、1000円程度の比較的安定した株式3銘柄に分散投資することが出来る。

(1銘柄の最低購入単元は殆ど100株なので、1000円の株を購入するには10万円必要である)

実際にからあげは40万(10万多いがな笑)を元手に株式運用を始めた。

分散投資をしながら、市場の雰囲気やチャートになれる事が株式運用の第一歩であろう。

百聞は一見にしかず、ぜひ第一歩を踏み出して欲しい。

最後に注意点だが、上記の初期投資資金だが必ず「余剰資金」で行っていただきたい。

最低限の貯金や生活費か確保しつつ、それでも余った余剰分を投資に回すのだ。

第一に今の生活を防衛できなければ、株を使って攻めることは出来ないのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました